SSブログ

待雪草(マツユキソウ)・・スノードロップ [日記、雑感]

名前は花姿や花色を雪のしずく、もしくは耳飾りに例えたものです。


和名の待雪草は雪が降ったり解けたりする気候の中、雪の中で花をつけることから。


ヨーロッパでは古くから親しまれて宗教との関係も深く、神話や伝説にも残る植物です。


 


 2017-2-26スノードロップ(1).png


 


ヒガンバナ科、原産地はヨーロッパ~コーカサス山脈、草丈は10~20センチ、


 


 2017-2-26スノードロップ(2).png


 


開花期は2~3月、花茎の先端に白色の花が下向きに咲きます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0