SSブログ

田打桜(タウチザクラ)・・辛夷(コブシ) [日記、雑感]

名前は蕾が開く直前の形が、子供の握りこぶしに似ていることから。


別名の田打桜(タウチザクラ)は、昔はコブシが咲く頃に田植えを始めたことから。


蕾を乾燥させたものを生薬で辛夷(シンイ)と呼び、鎮痛剤として利用されます。


 


 2016-3-28コブシ(1).png


 


モクレン科モクレン属、北海道~九州の山地に自生、樹高は5~18メートル、


 


 2016-3-28コブシ(2).png


 


開花期は3~4月、葉が出る前に、芳香のある白い大きなへら形の6弁花の花をたくさん咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0