SSブログ

幻の花・・七段花(シチダンカ) [日記、雑感]

名前は萼片が七段に重なるということから。


江戸時代に栽培され、シーボルトの日本植物誌で紹介されていますが、誰も見たことが無く


幻の花となっていましたが、1959年神戸の六甲山に自生しているのを発見されました。



2016-6-1シチダンカ(1).png



ユキノシタ科、山紫陽花(ヤマアジサイ)の1品種、樹高は1メートル程、



2016-6-1シチダンカ(2).png



開花期は6~8月、花の色は淡い青色で、落花までに薄紅・濃紫・藍色などに変化します。


装飾花の萼片が七段になって、咲くというのが名前の由来です。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0