SSブログ

山地の赤い実・・藪柑子(ヤブコウジ) [日記、雑感]

名前は果実や葉が柑子(コウジ)によく似ており、山地の藪の中に生えることから。


山橘(ヤマタチバナ)の名で万葉集にも詠まれており、古くから親しまれてきた樹木です。



2018-12-15ヤブコウジ(1).png



サクラソウ科、北海道南部~沖縄の山地の林の中に生育、樹高は10~30センチ、



2018-12-15ヤブコウジ(2).png



果実鑑賞期は11~2月、実は直径5~10ミリ程の球形の核果で、赤く熟します。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。