SSブログ

アンスリウム・・紅団扇(ベニウチワ) [日記、雑感]

アンスリウムは、ギリシャ語のanthosaura(花)とoura(尾)が語源で、尾の様な肉穂花序から。


和名の紅団扇は、ハート形の紅い仏炎苞が団扇のように見えることから。



2019-1-09ベニウチワ(1).png



サトイモ科、原産地は熱帯アメリカ~西インド諸島、草丈は30~80センチ、



)2019-1-09ベニウチワ(2.png



開花期は5~10月、美しく着色するのは仏炎苞で、花は尾状の肉穂花序に多数つきます。


温度管理をすれば、長期間苞や葉を観賞する鉢花として栽培されています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。