SSブログ

幻の花木・・花瓢箪木(ハナヒョウタンボク) [日記、雑感]

瓢箪木は、花も実も瓢箪のように2つずつ並ぶことから。

花がつくのは、葉や枝が近縁種の金銀木よりも毛深くないことから。

氷河期の遺存植物で、絶滅危惧種に指定され幻の花木と言われています。

 

 2017-5-16ハナヒョウタンボク(1).png

 

スイカズラ科、岩手県・長野県の一部の山地に分布、樹高は3~4メートル、

 

 2017-5-16ハナヒョウタンボク(2).png

 

開花期は5~6月、枝先の葉の脇に白い花をつけ、花色は後に黄色に変わります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。