SSブログ

矢筈豌豆(ヤハズエンドウ)・・烏野豌豆(カラスノエンドウ) [日記、雑感]

標準和名の矢筈豌豆は、小葉の形を矢筈(弓矢の弦を受ける部分)に見立てたものです。


烏野豌豆は野に生えるエンドウで、果実が熟すと真っ黒になることから。


 


)2017-02-06カラスノエンドウ(1.png


 


マメ科、本州~沖縄の道端や堤防・荒れ地に生育、つる性、


 


)2017-02-06カラスノエンドウ(2.png


 


開花期は2~5月、小さなピンク色の蝶形の花をつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

道端に咲く・・関西蒲公英(カンサイタンポポ) [日記、雑感]

江戸時代は鼓草と呼ばれ、鼓をたたく音の「タン」と「ポポ」の擬音語が語源となりました。


頭花を包む総包が外側に反り返らず、カントウタンポポに比べほっそりしています。


 


)2017-02-19カンサイタンポポ(1.png


 


キク科タンポポ属、近畿以西~沖縄の野原や道端に分布、草丈は10~30センチ、


 


)2017-02-19カンサイタンポポ(2.png


 


開花期は2~5月、中空の花茎を出し、黄色い舌状花の頭花をつけます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

洋種クモマグサ・・雲間草(クモマグサ) [日記、雑感]

花名の雲間草は、雲がかかりそうな高山に自生していることから。

園芸用で流通している洋種クモマグサは、日本の高山に自生するものとは別種です。

 

(1)2020-2-5クモマグサ.png

 

ユキノシタ科、原産地はヨーロッパ(北部~中部)で交配種、草丈は5~15センチ、

 

2020-2-5クモマグサ(2).png

 

主な開花期は3~4月、花色は赤・ピンク・白色などがあり、小さな5弁花を咲かせます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

個性的な花・・オキザリス・バーシカラー [日記、雑感]

バーシカラーは花の少ない冬の時期に、株一杯に咲く紅白模様の花が可憐です。


オキザリスの葉は三つ葉が多いのですが、バーシカラーは細い線状の葉をしており個性的な草姿です。


 


2017-02-11バーシカラー(1).png


 


カタバミ科、原産地は南アフリカケープ地方、草丈は10~20センチ、


 


2017-02-11バーシカラー(2).png


 


開花期は12~3月、花色は白地に赤で、赤白のパラソルのような可愛い蕾が特徴です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬野に咲く・・ヒマラヤ雪ノ下 [日記、雑感]

名前はヒマラヤ山脈に分布する多年草で、冬でも常緑の葉を雪の下からのぞかせることから。


属名のベルゲニアは、ドイツの植物学者ベルゲンの名に因みます。


 


2017-01-24ヒマラヤ雪ノ下(1).png


 


ユキノシタ科、原産地はヒマラヤ山脈、草丈は10~50センチ、


 


2017-01-24ヒマラヤ雪ノ下(2).png


 


開花期は2~4月、花茎を長く伸ばして、茎先に淡いピンクや白色の花をまとめて咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭に咲く・・柊南天(ヒイラギナンテン) [日記、雑感]

名前は葉っぱがヒイラギ、実の付き方がナンテンに似ていることから。


属名のマホニアは、アメリカの園芸学者バーナード・マホンの名前に因みます。


 


)2017-01-29ヒラギナンテン(1.png


 


メギ科、原産地は中国・台湾、樹高は2~3メートル、


 


)2017-01-29ヒラギナンテン(2.png


 


開花期は冬~春、花茎を横から斜め下に伸ばして、小さな黄色い花をたくさん咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カラフルな花・・パンジー [日記、雑感]

名前はフランス語のパンセ(物思い)に因み、花の咲く姿が物思いにふけっている様に見えることから。


別名の人面草(ジンメンソウ)は、花形が人の顔に似ていることから。


 


)2017-02-13パンジー(1.png


 


スミレ科、スミレ類の交雑園芸品種、草丈は20~30センチ、


 


)2017-02-13パンジー(2.png


 


開花期は11~5月、花の色・大きさ・咲き方など多彩です。


 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

繊細な花・・早咲きグラジオラス [日記、雑感]

別名は春咲きグラジオラスで、秋植え球根で春に花が咲きます。


夏に咲くグラジオラスとは草姿も異なり、花は清楚で小輪です。


 


2017-02-07早咲きグラジオラス(1).png


 


アヤメ科、原産地は南アフリカ、草丈は30~70センチ、


 


)2017-02-07早咲きグラジオラス(2.png


 


開花期は2~5月、花色は白・黄・紫・ローズピンク色などがあり


花径は5~8センチ程の小輪で、繊細な花色が特徴です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬野に咲く・・寒木瓜(カンボケ) [日記、雑感]

春に咲くボケの花が、11~12月頃に咲き始めることから名付けられました。


花が少ない寒い季節に、目を楽しませてくれる花のひとつです。



(1)2019-2-02カンボケ.png



バラ科、平安時代に中国から渡来、樹高は1~2メートル、



2019-2-03寒木瓜.png



開花期は11~2月、花色は赤・ピンク・白色などがあり、ウメに似た花を咲かせます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シネラリア・・サイネリア [日記、雑感]

正式名称はシネラリアですが、「死」を連想させる為サイネリアで流通されています。


和名の富貴菊(フウキギク)は、蕗(フキ)に似た葉⇒富貴の字が当てられた。


 


2019-2-04シネラリア(1).png


 


キク科、原産地はカナリヤ諸島、草丈は20~70センチ、


 


2020-2-6シネラリア(2).png


 


開花期は1~4月、花の大きさは小輪種で2センチ、大輪種で10センチ程です。


花色は豊富で、早春~春の代表的な鉢花の一つです。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感