SSブログ

ニセアカシア・・針槐(ハリエンジュ) [日記、雑感]

ニセアカシアはミモザアカシアと似ていますが、夏に花を咲かせ異なる性質をもつことから。


別名の針槐はマメ科の槐(エンジュ)に似ていて、葉っぱのつけ根に針のような刺があることから。




2017-04-26ハリエンジュ(1).png




マメ科ハリエンジュ属、明治初期に北アメリカから渡来、樹高は15~20メートル、




2017-04-26ハリエンジュ(2).png




開花期は5~6月、長さ10~15センチ程の総状花序を垂らし、香りの良い白色の花を多数つけます。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・枳殻(カラタチ) [日記、雑感]

和名の由来は、唐の国から来た橘の意味で⇒縮小されたものです。


花後に球形の緑色した果実をつけます。秋にはオレンジ色に熟します。


 


2020-4-7カラタチ(1).png


 


ミカン科、古い時代に中国から渡来、樹高は2~4メートル、


 


2020-4-7カラタチ(2).png


 


開花期は4~5月、葉の出る前に白い5弁花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

母の日ギフト・・カーネーション [日記、雑感]

名前は肉(ラテン語;carn)の色の花、イギリスで冠飾り(coronation)に使用の2説があります。


現在広く親しまれているのは、多くの近縁種の交配種です。




2019-5-11カーネーション(1).png




ナデシコ科、原産地は地中海沿岸、江戸時代にオランダから渡来、草丈は10~50センチ、




2019-5-11カーネーション(2).png




開花期は4~7月、9~10月、品種や花の色・花の形の種類も豊富にあります。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・鶯神楽(ウグイスカグラ) [日記、雑感]

鶯神楽は、鶯が繁みの陰で岩戸神楽を舞っていると見立てたことから。


属名のLoniceraはドイツの採集家ロニツァーに因み、家畜の下痢止めに効果があることから。




(1)2020-4-8ウグイスカグラ.png




スイカズラ科、九州~北海道の山野に分布、樹高は1・5~3メートル、




(2)2020-4-8ウグイスカグラ.png




開花期は3~6月、花冠の先は星形に5つに裂け、筒状の淡い紅色の花を下向きに付けます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

深山に咲く・・深山苧環(ミヤマオダマキ) [日記、雑感]

苧環は、花の形が麻糸を巻く為に使った苧環(オダマキ)に似ていることから。


深山苧環は日本原産の種類で、草丈が低く独特の形をした花を咲かせます。




)2017-03-23オダマキ(1.png




キンポウゲ科、中部以北の高山の岩場やザレ場に生育、草丈は10~25センチ、




)2017-03-23オダマキ(2.png




開花期は4~8月、花は青紫色で、花弁は円筒形にまとまって付き


先端はやや白っぽく、うつむき加減に咲きます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感