SSブログ

ジニア・・百日草(ヒャクニチソウ) [日記、雑感]

学名のジニアは、ドイツの植物学者ヨハン・ゴットフリート・ジンの名前に因みます。

和名の百日草は、夏から秋にかけて長期間咲き続けることから。

 

2019-07-01ジニア(1).png

 

キク科、原産地はメキシコ、草丈は15~100センチ、

 

2019-07-01ジニア(2).png

 

開花期は6~10月、花色は赤・紅・黄・白・クリーム・紫色などがあり

一重咲き・八重咲き・ダリア咲き・ポンポン咲きなど、様々な咲き方があります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・酔芙蓉(スイフヨウ) [日記、雑感]

名前の由来は花色の変化を、酒に酔っていくように例えたことから。


酔芙蓉は朝のうちは純白、午後には淡い紅色、夕方には紅色になります。


 


スイフヨウ(3)2016-10-01.png


 


アオイ科、芙蓉の園芸品種、樹高は1~3メートル、


 


2016-10-01スイフヨウ(4).png


 


開花期は8~10月、花は八重咲き、正午過ぎに純白の花が徐々にピンク色に変化し始めました。


この後夕方には紅色になります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

高原に咲く・・松虫草(マツムシソウ) [日記、雑感]

日本各地の草地に自生し、秋の高原を彩る野草として親しまれています。


名前は花の散った後が、松虫と呼ばれる仏具の鉦(かね)に似ていることから。


 


2016-07-20マツムシソウ(1).png


 


マツムシソウ科、日本各地の草地に自生、草丈は10~100センチ、


 


2016-07-20マツムシソウ(2).png


 


開花期は7~10月、小花が集まって大きな頭状花を形作り


外側の花弁が大きく広がります。花色は青紫色です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

木陰に咲く・・紅葉葵(モミジアオイ) [日記、雑感]

名前はアオイ科の花で、葉が紅葉のように掌状に深裂することから。


夏に鮮やかな紅色の大きな一重の花をつける背丈の高い多年草です。


 


2016-08-11モミジアオイ(1).png


 


アオイ科、原産地は北米東部、草丈は1~2メートル、


 


2016-08-11モミジアオイ(2).png


 


開花期は7~9月、花弁は平らに開ききり、合着した雄しべと雌しべは


ハイビスカスと似ています。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花壇の花・・千日紅(センニチコウ) [日記、雑感]

花名は、百日咲き続けるといわれる百日紅(サルスベリ)よりも花期が長いことから。


夏の暑さにも強く切り花(ドライフラワー)や花壇材・鉢植えとして広く利用されます。


 


2019-7-01センニチコウ(1).png


 


ヒユ科、原産地は熱帯アメリカ・北アメリカ南部、草丈は15~60センチ、


 


2019-7-01センニチコウ(2).png


 


開花期は7~11月、分岐した茎頂に、花径2~2・5センチ程の球状の頭状花をつけます。


花色は紅紫・ピンク・赤・白などがあり、花に見える部分は苞葉です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭隅に咲く・・草夾竹桃(クサキョウチクトウ) [日記、雑感]

和名の草夾竹桃は、葉の形や花がキョウチクトウに似ていることから。


花が少ない夏の時期に、美しい花を咲かせる夏花壇の定番です。


 


2016-07-20クサキョウチクトウ(1).png


 


ハナシノブ科、原産地は北アメリカ、草丈は50~120センチ、


 


2016-07-20クサキョウチクトウ(2).png


 


開花期は6~9月、スラッと伸びた茎の先に、キョウチクトウに似た花を


ピラミット状に咲かせます。花色は白・ピンク・赤・赤紫などがあります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岩場に咲く・・岩菊(イワギク) [日記、雑感]

北海道の海岸や本州~九州の限られた岩場に自生する多年草。


環境の劣化により減少しており、環境省・絶滅危惧Ⅱ類に指定。


 


2016-07-13イワギク(1).png


 


キク科、原生地は日本・東南アジア・シベリア、草丈は10~60センチ、


 


2016-07-13イワギク(2).jpg


 


開花期は7~10月、茎は直立し茎頂に、3~6センチの白色の頭花をつけます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジンジャーの花・・紅花縮砂(ベニバナシュクシャ) [日記、雑感]

名前は漢方でこの種子を縮砂と呼び、夏に朱赤色の花を咲かせることから。


茎や葉・根茎にはショウガの匂いがあり、花が美しく観賞用にも栽培されています。


 


2016-08-11ベニバナシュクシャ(1).png


 


ショウガ科、原産地はインド、草丈は1~2メートル、


 


2016-08-11ベニバナシュクシャ(2).png


 


開花期は8~9月、穂状花を密生し鮮やかな朱赤色の花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花壇に咲く・・セロシア [日記、雑感]

花名は、ギリシャ語で炎を意味するkeleosが語源となっています。


セロシアは鶏頭属の総称で、園芸ではピンクの熱帯アジア原産の野鶏頭の園芸品種を指します。


 


2019-7-13セロシア(1).png


 


ヒユ科、原産地は熱帯アジア・インド、草丈は30~80センチ、


 


2019-7-13セロシア(2).png


 


開花期は7~11月、花序は細長く、花の色は赤から銀色へと変化します。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

畑に咲く・・朝鮮朝顔(チョウセンアサガオ) [日記、雑感]

江戸時代前期に薬用として栽培されたが、現在はあまり栽培されていません。


和名のチョウセンは朝鮮を指すものではなく、海外から導入の意味です。


全草に毒性があり、幻覚症状を引き起こす危険な花です。


 


2016-07-31チョウセンアサガオ(1).png


 


ナス科、原産地はインド、草丈は最大150センチ、


 


2016-07-31チョウセンアサガオ(2).png


 


開花期は8~9月、花冠は漏斗状で長さ15~20センチ、筒部は長く


先は浅く5裂します。花は八重咲きで紫色のものです。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感