SSブログ

縁起木・・千両(センリョウ) [日記、雑感]

名前は似た植物の万両よりも実が少ない為、千両と呼ばれるように・・。


千両はお金の名前で、縁起が良いとされ正月に飾られる植物です。



2020-12-31センリョウ(1).png



センリョウ科、関東以南~沖縄の半日陰に自生、草丈は70~100センチ、



2020-12-31センリョウ(2).png



果実観賞は11~2月、花後に直径5~6ミリの球状の果実を


茎の頂点にまとまってつけ、晩秋に赤く色づきます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬囲いの花・・寒牡丹(カンボタン) [日記、雑感]

寒牡丹は春にできる蕾は摘みとり、秋にできる蕾を残して冬に咲かせます。


冬のこの季節、雪除けの藁をかけた寒牡丹をよく見かけます。



2017-12-21カンボタン(1).png



ボタン科、春と秋に花をつける二季咲きの変種、草丈は1~1・5メートル、



2017-12-25カンボタン(2).png



開花期は11~1月初旬、鮮やかな赤色の八重咲きの花です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリサンセマム・・ノースポール [日記、雑感]

名前は白い花が連なって咲く姿が、北極の白い大地を連想させることから。

別名のクリサンセマムは、ギリシャ語のchrysos(黄金)とanthemon(花)が語源です。

 

2020-12-18ノースポール(1).png

 

キク科、原産地は地中海沿岸・北アフリカ、草丈は15~30センチ、

 

2020-12-18ノースポール(2).png

 

開花期は12~6月、白色と黄色のコントラストが綺麗な小花が冬~初夏まで次々と咲きます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リーガースベゴニア・・エラチオールベゴニア [日記、雑感]

名前のエラチオールはラテン語で「背の高い」の意味で、ベゴニアは植物採集者ミシェル・ベゴンの名に由来。


別名のリーガースベゴニアは、ドイツの育種家オットーリーガーの名に由来します。


 


202012-18エラチオールベゴニア(1).png


 


シュウカイドウ科、球根ベゴニアと冬咲きのベゴニア・ソコトラーナの交配種、草丈は15~40センチ、


 


2020-12-18エラチオールベゴニア(2).png


 


開花期は9~6月、花色は赤・白・ピンク・オレンジ・黄色などがあり


八重咲きなど多くの品種があります。


 


 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山のピンクの実・・真弓(マユミ) [日記、雑感]

名前は木質が緻密で歪みが無く耐久性に優れており、弓の材料として用いられたのが由来。


枝にぶら下がるような鈴なりの実は可愛らしく、秋から初冬にかけて広く鑑賞されています。


 


 2016-12-13マユミ(1).png


 


ニシキギ科、各地の山野に生育、樹高は3~5メートル、


 


 2016-12-13マユミ(2).png


 


実の鑑賞期間は秋~初冬、直径1センチ程の果実で表面は紅ピンク色です。


熟すと4つに割れて中には赤い種があります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヘレボルス・・クリスマスローズ [日記、雑感]

学名のヘレボルスは、ギリシャ語の「helein(死に到らしめる)」と「bora(食物)」が語源で、根に毒があることから。

英名のクリスマスローズは、クリスマスの時期にバラのような美しい花を咲かせることから。

別名の雪起こしは、冬枯れの大地で雪を持ち上げて花を咲かせることから。

 

2020-12-17ヘルボルス(1).png

 

キンポウゲ科、原産地はヨーロッパ・西アジア、草丈は30~60センチ、

 

2020-12-17ヘルボルス(2).png

 

開花期は12~4月、花色は白・ピンク・黄・緑・紫・茶・黒・複色などがあり

うつむき加減の花を咲かせます。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山の赤い実・・山茱萸(サンシュユ) [日記、雑感]

名前は中国名の山茱萸の音読みが由来です。


茱萸はグミのことで、秋にグミに似た実がなり赤く熟し秋珊瑚の由来に。


 


 2016-12-13サンシュユ(1).png


 


ミズキ科、原産地は中国・朝鮮半島、樹高は4~6メートル、


 


 2016-12-13サンシュユ(2).png


 


実の鑑賞期間は10~12月、晩秋に紅色楕円形の艶やかな実をつけます。


乾燥させた果肉は生薬に利用され、強精薬や止血・解熱作用があります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海岸に咲く・・花磯菊(ハナイソギク) [日記、雑感]

和名はイソギクの交雑種で、舌状花を持つことから花らしい花を見せることから。


イソギクと園芸種のイエギクの交雑種で、イソギクに近い品種など固体差があります。


 


 2016-11-21ハナイソギク(1).png


 


キク科、千葉から静岡の太平洋岸に分布、草丈は30~50センチ、


 


 2016-11-21ハナイソギク(2).png


 


開花期は10~12月、黄色の筒状花と白色の短い舌状花が特徴です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスホーリー・・西洋柊(セイヨウヒイラギ) [日記、雑感]

クリスマスホーリーは、クリスマス飾りに用いられることに由来。

和名の西洋柊は、日本の柊に似ていてヨーロッパ原産であることから。

 

 2020-12-24セイヨウヒイラギ(1).png

 

モチノキ科、原産地は西アジア~ヨーロッパ南部で常緑低木、樹高は6~8メートル、

 

 2020-12-24セイヨウヒイラギ(2).png

 

鑑賞期は11~12月、クリスマスの頃に、直径6~7ミリ程の丸い実が赤く熟します。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスの花・・プリンセチア [日記、雑感]

名前はピンクの花色が、プリンセスのような華やかさを持つことから。


美しさと可愛らしさから、クリスマスの時期にイベント会場を彩る花です。



2020-12-23プリンセチア(1).png



トウダイグサ科、原産地はメキシコ、2009年サントリーフラワーズ(株)により作出された新品種、



2020-12-23プリンセチア(2).png



開花期は11~1月、ポインセチアとの違いは、苞葉がポインセチアが真っ赤に対し


プリンセチアは薄いピンク色や白色をしています。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感