SSブログ

花キャベツ・・葉牡丹(ハボタン) [日記、雑感]

葉牡丹は重なり合った葉が、牡丹の花のように美しいことから。


別名の花キャベツは、葉はキャベツにそっくりなことから。


 


 2017-1-10ハボタン(1).png


 


アブラナ科、原産地は西ヨーロッパ、草丈は20~80センチ、


 


 2017-1-10ハボタン(2).png


 


鑑賞期は11~3月、外側の葉はグリーンで大きく


中心の葉は紅色・白・クリーム色・ピンク色などに色づきます。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

葉書の木・・多羅葉(タラヨウ) [日記、雑感]

名前は葉面に文字を書くことができるので、経文を書く多羅樹(タラジュ)に因みます。


別名の葉書の木・郵便の木は、戦国時代葉の裏に文字を書いて情報を伝達したことから。



2019-1-08タラヨウ(1).png



モチノキ科、本州中部以西の山地に自生、樹高は10~20メートル、



2019-1-08タラヨウ(2).png



果実観賞は10~1月、直径8ミリ程の赤い球形の果実が鈴なりにできます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬花壇に咲く・・ビオラ [日記、雑感]

ビオラとはスミレ科スミレ属のラテン語名です。


花色が多く開花期間も長く育てやすいので、冬のガーデニング植物の定番です。


 


 2016-11-21ビオラ(3).png


 


スミレ科スミレ属、原産地はヨーロッパ、草丈は10~30センチ、


 


 2016-11-21ビオラ(4).png


 


開花期は11~5月、小振りな花が群がるようにたくさん咲きます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬囲いの赤い実・・コトネアスター [日記、雑感]

名前はラテン語のコトネア(マルメロ)とアスター(似て非なるも)からなり、マルメロに似て非なるものの意です。

コトネアスターは寒さに強く果実や紅葉が美しいので、庭園樹として用いられます。

 

 2020-1-11コトネアスター(1).png

 

バラ科、原産地は中国西南部~ヒマラヤ、樹高は20~300センチ、

 

 2020-1-11コトネアスター(2).png

 

果実観賞期は10~1月、秋から冬にかけて、枝にたくさん付いた小さな果実が赤く熟し樹を彩ります。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬花壇の花・・プリムラ [日記、雑感]

プリムラはprimos(最初)が語源で、早春花が他の花に先駆けて咲くことから。


冬から春の花が少ない時期に、鮮やかな色彩の花を咲かせる草花です。


 


 2021-1-19プリムラ(1).png


 


サクラソウ科、原産地は交配種、草丈は10~30センチ、


 


 2021-1-19プリムラ(2).png


 


開花期は12~4月、葉のすぐ上でまとまって花が咲きます。


花色は赤・白・ピンク・紫・黄色など豊富で、鮮やかな可愛らしい花姿です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サイネリア・・蕗桜(フキザクラ) [日記、雑感]

サイネリアは、旧名のCinerariaを語源にした流通名です。

和名の蕗桜は葉の形が蕗(フキ)に似ていることから。

冬の花壇に鮮やかな色彩を与えてくれる貴重な存在です。



(1)2021-1-15サイネリア.png



キク科、原産地はカナリア諸島、草丈は20~60センチ、



2021-1-15サイネリア(2).png



開花期は1~4月、冬から春にかけて、カラフルな花をこんもりと咲かせます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスローズ・・ヘルボルス・ニゲル [日記、雑感]

クリマスローズは、クリスマスの時期にバラのような美しい花を咲かせることから。

ヘルボルス・ニゲルは白色の花を咲かせる品種で、英名でクリスマスローズと呼ばれています。

種小名のニゲルはラテン語で「黒」を意味し、根っこが黒いことに因みます。

 

2021-1-17ヘルボルス・ニゲル(1).png

 

キンポウゲ科、原産地はヨーロッパ中部~南部、草丈は20~30センチ、

 

2021-1-17ヘルボルス・ニゲル(2).png

 

開花期は12~2月、一重咲きで白色の花ビラを横向きに広げます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ガザニア・・勲章菊(クンショウギク) [日記、雑感]

ガザニアはアリストテレスなどの書物を、ラテン語に翻訳したガザさんに由来。


和名の勲章菊は、花の色や形が勲章に似ていることから。


 


 2016-12-21ガザニア(1).png


 


キク科、原産地は南アフリカ、草丈は15~40センチ、


 


 2016-12-21ガザニア(2).png


 


主な開花期は5~12月、花色は黄・ピンク・赤・白・複色などがあります。


花は晴れた日中に開き、日の射さない曇りや雨・夜間は閉じます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

南天桐(ナンテンギリ)・・飯桐(イイギリ) [日記、雑感]

名前は葉がキリに似ていて、昔は葉でおにぎり(飯;メシ)を包んだことから。


別名の南天桐(ナンテンギリ)は、似た様な赤い実をつけるナンテンに似ていることから。



2019-1-08イイギリ(1).png



イイギリ科、本州~九州・沖縄の山地に自生、樹高は10~15メートル、



2019-1-08イイギリ(2).png



秋(11~12月頃)になると、ブドウような直径1センチ程の赤い実が垂れ下がり


落葉後も長期間枝に実が残ります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

熱帯の花・・頷き姫芙蓉(ウナズキヒメフヨウ) [日記、雑感]

和名は蕾時には上を向いていますが、開花時には下向きになることから。


ヒメフヨウの変種と言われ、本州では温室で栽培されています。



2019-1-08ウナズキヒメフヨウ(1).png



アオイ科、原産地はメキシコ・コロンビア、樹高は1~3メートル、



2019-1-08ウナズキヒメフヨウ(2).png



開花期は11~4月、基本種は赤色で、蕾の時は上を向いていますが、


次第に下を向き、花は開ききらずにうつむいて咲きます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感