SSブログ

早春に咲く・・紅花三椏(ベニバナミツマタ) [日記、雑感]

名前は赤色の花を咲かせるミツマタで、枝が3つ又に分かれることに因みます。


第二次大戦後間もない頃に、四国の栽培地で突然変異の本種が発見されました。




2021-2-27ベニバナミツマタ(1).png




ジンチョウゲ科、原産地は中国、園芸品種、樹高は1~2メートル、




2021-2-27ベニバナミツマタ(2).png




開花期は2~3月、白い蕾がだんだん黄色くなり、花ビラが開く頃には赤色になります。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

待雪草(マツユキソウ)・・スノードロップ [日記、雑感]

名前は花姿や花色を雪のしずく、もしくは耳飾りに例えたものです。


和名の待雪草は雪が降ったり解けたりする気候の中、雪の中で花をつけることから。


ヨーロッパでは古くから親しまれて宗教との関係も深く、神話や伝説にも残る植物です。


 


 2017-2-26スノードロップ(1).png


 


ヒガンバナ科、原産地はヨーロッパ~コーカサス山脈、草丈は10~20センチ、


 


 2017-2-26スノードロップ(2).png


 


開花期は2~3月、花茎の先端に白色の花が下向きに咲きます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春黄金花(ハルコガネバナ)・・山茱萸(サンシュユ) [日記、雑感]

名前は中国名の「山茱萸」を音読みしたものです。


別名の春黄金花は、春を待ちかねたように葉よりも先に黄色い花をつけることから。


 


 2016-3-15サンシュユ(1).png


 


ミズキ科、原産地は朝鮮半島、樹高は4~6メートル、


 


 2016-3-15サンシュユ(2).png


 


開花期は2~4月、葉が芽吹く前に、花径5ミリ程の黄色い小花を枝一杯に咲かせます。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

枯野に咲く・・姫立金花(ヒメリュウキンカ) [日記、雑感]

和名は花や葉の様子が、立金花(リュウキンカ)に似ていることから。


日本へは園芸用として渡来したものが、野生化した品種です。


 


 2016-3-10ヒメリュウキンカ(1).png


 


キンポウゲ科、原産地はヨーロッパ・シベリア、草丈は5~20センチ、


 


 2016-3-10ヒメリュウキンカ(2).png


 


開花期は2~4月、花径は2~3センチ程で、光沢がある黄色い花をつけます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

枯野に咲く・・三椏(ミツマタ) [日記、雑感]

名前は枝が3本ずつ分岐することから。椏は木の股の意味です。


樹皮には強い繊維があり、和紙の原料になります。


 


 2016-4-1ミツマタ(1).png


 


ジンチョウゲ科、原産地は中国、樹高は1~2メートル、


 


 2016-4-1ミツマタ(2).png


 


開花期は2~4月、小さな花を半球状にまとまって咲かせ、芳香を放ちます。


花は下向きに咲き、小さな蜂の巣のように見えます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

菖蒲水仙(アヤメスイセン)・・フリージア [日記、雑感]

名前はデンマークの植物学者エクロンが、友人のドイツ人医師フレーゼに献名したことから。


別名の菖蒲水仙は、アヤメとスイセンのどちらにも似ていたことから。


 


 2021-2-22フリージア(1).png


 


アヤメ科、原産地は南アフリカ、草丈は30~50センチ、


 


 2021-2-22フリージア(2).png


 


開花期は2~4月、やや丸みのある可愛らしく、香りのする花を咲かせます。


花色は白・黄・オレンジ・赤・ピンク・紫色などがあります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリサンセマム・・ノースポール [日記、雑感]

学名のクリサンセマムは、ギリシャ語のchrysos(黄金)とanthemon(花)が語源になります。


ノースポールは株全体を覆う程純白の花が咲く姿から、北極のイメージが連想されることから。


 


 2021-2-15ノースポール(1).png


 


キク科、原産地は北アフリカ、草丈は20~30センチ、


 


 2021-2-15ノースポール(2).png


 


開花期は1~5月、花径3~4センチの白い舌状花を咲かせます。


中心部の管状花は黄色で、ノジギクやマーガレットに似た花姿です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早春に咲く・・万作(マンサク) [日記、雑感]

春に他の花に先駆けて咲く「まず咲く花」⇒「まんさく」と呼ばれるようになった。


かって東北地方では、この花の咲き具合で作況を占っていたと言われます。


 


 2021-2-23マンサク(1).png


 


マンサク科、日本各地の山野に分布、樹高は3~8メートル、


 


 2021-2-23マンサク(2).png


 


開花期は1~3月、花ビラは長さ2センチ程の黄色の線形で、芳香が漂います。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山に咲く・・蕗の薹(フキノトウ) [日記、雑感]

和名の蕗は、冬に黄色い花をつける⇒冬黄(フユキ)⇒略されて蕗(フキ)呼ばれるように。


蕗の薹は花の蕾のことで、蕗は地下茎から伸びる葉を指します。


 


2017-4-13フキノトウ(1).png


 


キク科、各地の里山から河川の河原などに自生、草丈は50~100センチ、


 


2017-4-13フキノトウ(2).png


 


開花期は2~3月、花色は雄花は黄白色、雌花は白っぽい花を咲かせます。


独特な芳香と苦味を香辛料として、早春の食材として天ぷら・和え物などに利用されています。


 


nice!(1)  コメント(1) 
共通テーマ:日記・雑感

エランティス・・黄花節分草(キバナセツブンソウ) [日記、雑感]

エランティスは「春の花」という意味のギリシャ語に由来します。


和名の由来は、春に芽を出し節分の頃に咲く黄色の花から・・。


 


 2021-2-15キバナセツブンソウ(1).png


 


キンポウゲ科、原産地はヨーロッパ・西アジア、草丈は5~15センチ、


 


 2021-2-15キバナセツブンソウ(2).png


 


開花期は2~3月、花は光沢を帯びた鮮やかな黄色です。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感