SSブログ

里に咲く・・梅(ウメ) [日記、雑感]

漢名の「梅」の字音の「め」が変化して、「うめ」になったと言われています。


奈良時代の遣隋使又は遣唐使が、中国から持ち帰って栽培された。


 


 2016-03-06紅梅(1).png


 


バラ科、原産地は中国、樹高は3~8メートル、


 


 2016-03-06紅梅(2).png


 


開花期は1~3月、花径2~3センチ程で香りの良い5弁花です。


花色は白・赤・桃色などがあり、色幅も広く樹形も豊富です。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の七草・・薺(ナズナ) [日記、雑感]

薺は撫菜(ナデナ)に因み、撫でたいほど可愛い菜の意味から。


別名のペンペン草は、風に揺れた時の音から。


 


 ナズナ(1)2021-2-3.jpg


 


アブラナ科、田畑や荒れ地・道端に生育、草丈は20~40センチ、


 


 2021-2-3ナズナ(2).png


 


開花期は1~4月、花径15~35ミリ程の小さな白い十字花をたくさんつけます。


春の七草の一つで若苗を食用にします。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・寒緋桜(カンヒザクラ) [日記、雑感]

名前は、まだ寒い時期に咲く緋色の桜から名付けられました。


沖縄では開花期は1~2月で、桜といえばこの寒緋桜を指します。


 


 2016-4-3カンヒザクラ(1).png


 


バラ科、原産地は中国南部・台湾で沖縄で野生化し琉球列島に分布、樹高は5~10メートル、


 


 2016-04-03寒緋桜(2).png


 


開花期は1~3月、緋紅色の花を半開した鐘状に下向きにつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

三角草(ミスミソウ)・・雪割草(ユキワリソウ) [日記、雑感]

名前は雪の残っている頃に、雪を割るようにして咲き出すことから。


別名の三角草(ミスミソウ)は、葉が三裂するところから。


 


 2021-2-18ユキワリソウ(1).png


 


キンポウゲ科、北陸・東北地方の日本海側に分布、草丈は10~25センチ、


 


 2021-2-18ユキワリソウ(2).png


 


開花期は2~4月、花弁のように見える部分は萼片です。


花色は白・桃色・赤・紫と、野生植物には珍しく多彩です。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

空き地の花木・・木瓜(ボケ) [日記、雑感]

漢名の木瓜(モケ)と読み⇒訛って木瓜(ボケ)となったと言われています。


 庭木や鉢植え・盆栽・生垣などに広く利用され、親しまれています。


 


 2017-1-10ボケ(1).png


 


バラ科、原産地は中国、樹高は2~3メートル、


 


 2017-1-10ボケ(2).png


 


開花期は12~4月、花色は赤・ピンク・白色で、梅に似た丸っこい花を咲かせます。


nice!(4)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

肉厚の葉っぱ・・アロエ [日記、雑感]

アロエの語源はアラビア語の「アロッホ(苦い)」に因み、葉から出る汁が苦いことから。


医者いらずの別名があり、鑑賞のほか火傷や胃腸薬などに利用されています。


 


 2021-2-11アロエ(1).png


 


ユリ(ススキノキ)科、原産地は南アフリカ・マダガスカル、草丈は15~200センチ、


 


 2021-2-11アロエ(2).png


 


開花期は12~2月、花序は総状花序で花被は6弁が合着し、管状で朱色ないし黄色です。


nice!(2)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

冬野に咲く花・・ユリオプスデージー [日記、雑感]

ユリオプスはギリシャ語で「大きな目を持つ」という意味で、花の姿に由来します。


晩秋から春まで黄色い花を長期間咲かせ、葉や茎に細毛が生えています。


 


 2021-2-18ユリオプスデージ(1).png


 


キク科、原産地は南アフリカ、草丈は60~100センチ、


 


 2021-2-18ユリオプスデージ(2).png


 


開花期は11~5月、花径は3~4センチ程で一重の黄色い花を咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

縁起が良い花・・吉祥草(キチジョウソウ) [日記、雑感]

和名の由来は、吉事があると開花するという伝説から。


花は葉より低い所に付くので、花はなかなか見つかりません。


 


 2021-2-16キチジョウソウ(1).png


 


ユリ科、関東以西~九州の林の中や縁に分布、草丈は10~30センチ、


 


 2021-2-16キチジョウソウ(2).png


 


主な開花期は11~1月、淡い紅紫色の花が穂状に咲きます。


花ビラは6枚でまくれるように、反り返ります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

天竺葵(テンジクアオイ)・・ゼラニューム [日記、雑感]

分離前ゼラニューム属に属していた為、ゼラニュームの名前を使用しています。


和名の天竺葵は「異国の」という意味で、葉がアオイに似ていたことから。


四季咲き性が強く花付きも良いので、早春から初冬まで長期間楽しめます。


 


 2021-2-13ゼラニューム(1).png


 


フウロウソウ科、原産地は南アフリカ、草丈は20~70センチ、


 


 ゼラニューム(2)2021-2-13.png


 


開花期は一年中、枝先から花茎を伸ばし、手毬状の花序になります。


花色は赤・紅・淡い紅・ピンク・白色などがあり、一重や八重咲きもあります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

竹藪に咲く・・藪椿(ヤブツバキ) [日記、雑感]

冬の花の少ない季節に咲く花として、古来からサザンカとともに品種改良されてきました。


椿の種子は油を大量に含んでおり、油を採取する目的で藪椿が植えられています。



2016-3-02ツバキ(1).png



ツバキ科、青森県~沖縄にかけて分布、樹高は4~8メートル、



2016-3-02ツバキ(2).png



開花期は1~3月、花の色は基本色は赤で、花径5~8センチ程の筒状の5弁花を咲かせます。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感