SSブログ

鬱金花(ウコンバナ)・・壇香梅(ダンコウバイ) [日記、雑感]

名前は花が梅に似ていて、材が壇香(ビャクダン)のように香ることから。


別名の鬱金花(ウコンバナ)は黄色の花姿から。


 


 2017-3-19ダンコウバイ(1).jpg


 


クスノキ科、関東~九州の林の中に生育、樹高は2~5メートル、


 


 2017-3-19ダンコウバイ(2).png


 


開花期は3~4月、葉に先立って芳香のある鮮やかな黄色の花をたくさんつけます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春の七草・・繁縷(ハコベ) [日記、雑感]

繁縷は漢名で、茎に白い筋「縷(る)」があることから。


春の七草の一つで栄養価に富み食用に、炒った粉に塩を混ぜて歯磨き粉に用いられました。


 


 2021-2-25ハコベ(1).png


 


ナデシコ科、田畑や畦道・道端・荒れ地などに分布、草丈は10~20センチ、


 


 2021-2-25ハコベ(2).png


 


開花期は2~9月、茎のつけ根に、花ビラが深く二つに裂けた小さな白い5弁花をつけます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

早春に咲く・・菜の花(ナノハナ) [日記、雑感]

和名の菜の花の菜は食用を意味し、食用の花という意味です。

菜の花は、アブラナやセイヨウアブラナの別名で、アブラナ科アブラナ属の植物も指します。

春を代表する花の一つで、花を観賞するほか野菜として食用にもされます。



2016-3-22ナノハナ(1).png




アブラナ科、原産地はヨーロッパ・東アジア、草丈は50~80センチ、




2016-3-22ナノハナ(2).png




開花期は2~5月、茎の上の方で枝分かれして、先端に黄色い花をまとめて咲かせます。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

草原に咲く・・土筆(ツクシ) [日記、雑感]

漢字表記の土筆は、ツクシが土に刺した筆のような姿をしていることから。

ツクシとはトクサ科の植物スギナの胞子茎のことを指し、食用にもなります。

スギナは春にツクシを出して胞子を放出し、後に鮮やかな緑色の栄養茎を伸ばします。

 

 20213-18ツクシ(1).png

 

トクサ科、各地の草原や田畑の畔などに生育、草丈は5~15センチ、

 

 2021-3-18ツクシ(2).png

 

春に茎頂に胞子を含んだ穂が付き、節の周りには袴と呼ばれる茶色い葉が付きます。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

安行寒桜(アンギョウカンザクラ)・・大寒桜(オオカンザクラ) [日記、雑感]

大寒桜は寒桜よりも花がやや大きい(花径3センチ程)ことから。


別名の安行寒桜(アンギョウカンザクラ)は、発祥地である埼玉県の安行に因みます。


 


 2016-4-3オオカンザクラ(1).png


 


バラ科、寒緋桜と大島桜(あるいは山桜)の交雑種、樹高は5~10メートル、


 


 2016-4-3オオカンザクラ(2).png


 


開花期は3月下旬~4月、花色は薄紅色の一重の五弁花で、半開状でやや下向きに咲きます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・白木蓮(ハクモクレン) [日記、雑感]

白木蓮はモクレンの仲間で、真っ白な花が春の訪れを告げる落葉高木です。


花が開くと上品な香りが漂い、見る人の心を和ませてくれます。


 


 2016-4-1ハクモクレン(1).png


 


モクレン科モクレン属、古い時代に中国から渡来、樹高は5~15メートル、


 


 2016-4-1ハクモクレン(2).png


 


開花期は3~4月、白い清楚な花で、花ビラの幅が広く厚みがあります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山に咲く・・土佐水木(トサミズキ) [日記、雑感]

名前は土佐の蛇紋岩地帯が原産で、葉の形がミズキ科の樹木に似ていることから。


 早春から明るい黄色い花を咲かせ、古くから庭木や盆栽・切り花として親しまれてきました。


 


 2016-3-22トサミズキ(1).png


 


マンサク科、高知県の固有種、樹高は1~4メートル、


 


 2016-3-22トサミズキ(2).png


 


開花期は3~4月、丸みのある黄白色の小花が連なり花序になって下垂します。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

生け垣の桜・・染井吉野(ソメイヨシノ) [日記、雑感]

江戸末期~明治初期に、染井村の植木職人が品種改良をして作出されました。


作出当初は吉野桜⇒染井村が起源⇒染井吉野と名付けられました。




2016-4-1ソメイヨシノ(1).png




バラ科、江戸彼岸桜と大島桜の交配種、樹高は10~15メートル、




2016-4-1ソメイヨシノ(2).png





開花期は3~5月、花色は淡ピンク色で3~4個の花が集まって咲きます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フォーサイシア・・連翹(レンギョウ) [日記、雑感]

花名は漢名の連翹を音読みしたものです。 但し中国ではトモエソウを指します。


学名のフォーサイシアは、イギリス人園芸家ウイリアム・フォーサイスの名に因みます。


花後に付ける実は漢方医学に利用され、解熱や消炎・鎮痛などに効果があります。


 


 2016-4-1レンギョウ(1).png


 


 モクセイ科、原産地は中国、樹高は1~3メートル、


 


 2016-4-1レンギョウ(2).png


 


開花期は3~4月、花色は黄色の4弁花で細い枝一杯に咲き乱れます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

田打桜(タウチザクラ)・・辛夷(コブシ) [日記、雑感]

名前は蕾が開く直前の形が、子供の握りこぶしに似ていることから。


別名の田打桜(タウチザクラ)は、昔はコブシが咲く頃に田植えを始めたことから。


蕾を乾燥させたものを生薬で辛夷(シンイ)と呼び、鎮痛剤として利用されます。


 


 2016-3-28コブシ(1).png


 


モクレン科モクレン属、北海道~九州の山地に自生、樹高は5~18メートル、


 


 2016-3-28コブシ(2).png


 


開花期は3~4月、葉が出る前に、芳香のある白い大きなへら形の6弁花の花をたくさん咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感