SSブログ

ニオイコブシ・・田虫葉(タムシバ) [日記、雑感]

名前は葉を噛むと甘味がする⇒噛む紫⇒転じてタムシバとなりました。


別名をニオイコブシと呼ばれ、コブシと似ていて花に芳香があることから。


 


 2017-4-11タムシバ(1).png


 


モクレン科、本州~九州の山地に生育、樹高は3~10メートル、


 


 2017-4-11タムシバ(2).png


 


開花期は4~5月、花には芳香があり早春に白い6弁花を咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スカンクキャベツ・・黄色水芭蕉(キイロミズバショウ) [日記、雑感]

黄色水芭蕉は、仏炎苞の黄色に着目した和名です。


英名のスカンクキャベツは、花序が悪臭を放つことから。


北米の先住民は、古くから薬草として様々に利用してきました。


 


 2016-4-24キイロミズバショウ.jpg


 


サトイモ科、原産地は北アメリカ太平洋岸に分布、草丈は30~100センチ、


 


 2016-4-24キイロミズバショウ(2).png


 


開花期は4~6月、黄色い仏炎苞を持ちます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・花海棠(ハナカイドウ) [日記、雑感]

名前は同種で実が付く実海棠(ミカイドウ)と区別するために


花が美しいので花海棠(ハナカイドウ)と呼ばれるようになりました。


 


 2021-4-28ハナカイドウ(1).png


 


バラ科、原産地は中国、樹高は1・5~5メートル、


 


 2021-4-28ハナカイドウ(2).png


 


開花期は4~5月、つぼみが赤く、花が開くと白っぽい薄紅色になります。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山野に咲く・・野原勿忘草(ノハラワスレナグサ) [日記、雑感]

学名はMyosotisalpestisで、alpestisは「亜高山の、草本帯の」の意味です。


園芸業界ではワスレナグサとして流通しています。


 


 2017-4-11ノハラワスレナグサ(1).png


 


ムラサキ科、原産地のヨーロッパから渡来し野生化、草丈は20~50センチ、


 


 2017-4-11ノハラワスレナグサ(2).png


 


開花期は3~5月、花色は薄青や鮮青などで、花径6~9ミリ程の小さな5弁花を咲かせます。


花冠の喉に黄色・白色の目を持ちます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジューンベリー・・亜米利加采振木(アメリカザイフリボク) [日記、雑感]

ジューンベリーは毎年6月(June)頃に、赤い果実が収穫期を迎えることから。


和名を亜米利加采振木と呼び、日本原産のザイフリボクや交配種を含む総称です。


 


 2016-4-11ザイフリボク(1).jpg


 


バラ科ザイフリボク属、原産地は北アメリカ、樹高は2~8メートル、


 


 2016-4-11ザイフリボク(2).png


 


開花期は4~5月、細長く5枚の白い花ビラをつけた花を咲かせます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山に咲く・・雪国三つ葉躑躅(ユキグニミツバツツジ) [日記、雑感]

雪国三つ葉躑躅は、日本海側の多雪地帯に生育する三つ葉躑躅の1種です。


三つ葉躑躅は、葉が枝先に3枚輪生します。




2016-4-24ユキグニミツバツツジ(1).png




ツツジ科、本州の日本海側の多雪地帯に分布、樹高は2~3メートル、




2016-4-24ユキグニミツバツツジ(2).png




開花期は4~5月、春に可愛らしいピンク色の花を咲かせます。




nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黒牡丹・・黒光司(コッコウツカサ) [日記、雑感]

唐の富豪の劉訓が牡丹観賞に人を招いたときに、門に水牛を多くつないでおいたところ

人々がそれをさして、「劉氏の黒牡丹だ」と称したという故事から。

牡丹で花が黒みがかったものをさします。

 

2016-4-25コッコウツカサ(1).png

 

ボタン科、原産地は中国、園芸品種、樹高は50~150センチ、

 

2016-4-25コッコウツカサ(2).png

 

開花期は4~5月、深い暗紅色の花ビラをした、八重咲きの中輪品種です。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

草地に咲く・・洋種翁草(ヨウシュオキナグサ) [日記、雑感]

和名の翁草は果実に白く長い毛があり、その姿を翁の頭にたとえたものです。


ヨーロッパ原産の多年草で、ロックガーデン栽培に適した山野草です。


 


 2017-4-11ヨウシュオキナグサ(1).png


 


キンポウゲ科オキナグサ属、原産地はヨーロッパ、草丈は30~40センチ、


 


 2017-4-11ヨウシュオキナグサ(2).png


 


開花期は4~5月、花ビラのように見えるのは萼です。


花色は基本色は青~紅紫色ですが、園芸品種は白・黒紅色などがあります。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

二季咲き桜・・アーコレード [日記、雑感]

イギリスで作出された桜で、名前は英語の「Accolade(称賛)」に由来します。

イギリスでは春の開花ですが、日本では春の4月頃と秋の11月頃の2季咲きです。

 

2016-4-1アーコレード(1).png

 

バラ科、コヒガンザクラとオオヤマザクラの交配種、樹高は5~10メートル、

 

2016-4-1アーコレード(2).png

 

開花期は4月頃と11月頃の2季咲き、花色は淡い紅色の半八重咲きです。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ジョージアブルー・・ベロニカ・オックスフォードブルー [日記、雑感]

名前はイギリスのオックスフォード大学のスクールカラーに由来しています。

別名のジョージアブルーは、原種がジョージア国(グルジア国)の辺りに分布していることから。

 

2017-4-11オックスフォードブルー(1).png

 

ゴマノハグサ科、原産地はヨーロッパ、草丈は5~20センチ、

 

2017-4-11オックスフォードブルー(2).png

 

開花期は4~5月、花径1センチ程の小さくて濃いブルーの花をたくさん咲かせます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感