SSブログ

里に咲く・・花水木(ハナミズキ) [日記、雑感]

花水木はミズキの仲間で、花が目立つので名付けられました。


1912年東京市がアメリカに桜を贈り、その返礼として1915年に贈られたのが始まりです。




2016-4-23ハナミズキ(1).png




ミズキ科、原産地は北アメリカ東部、樹高は3~7メートル、




2016-4-23ハナミズキ(2).png




開花期は4~5月、白色や薄いピンク色の花を付けます。


花ビラのように見えるのは苞で、花の本体は中心に丸く集まった部分です。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山地に咲く・・黄花碇草(キバナイカリソウ) [日記、雑感]

名前は花が黄色いイカリソウの意味です。


主に日本海側の山地に生える多年草で、強壮剤としても使用された植物です。




2019-4-9キバナイカリソウ(1).png




メギ科、近畿以北の日本海側~北海道の山地に分布、草丈は20~50センチ、




2019-4-9キバナイカリソウ(2).png




開花期は4~5月、葉の下側に淡黄色の4枚の花弁が距を突き出し、錨のような花を咲かせます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山に咲く・・細葉石楠花(ホソバシャクナゲ) [日記、雑感]

細葉石楠花はツツジ科の低木で、葉が細長いシャクナゲです。


園芸品種が作出されていますが、自生地では絶滅危惧Ⅱ類に指定。


 


 2016-4-11ホソバシャクナゲ(1).png


 


ツツジ科ツツジ属、愛知と静岡県境の山地に生育、樹高は50~180センチ、


 


 2016-4-11ホソバシャクナゲ(2).png


 


開花期は4~5月、花冠は漏斗状で花径3~5センチで5裂し


淡い紅色や白色の花を咲かせます。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紫雲英(ゲンゲ)・・蓮華草(レンゲソウ) [日記、雑感]

蓮華草は輪になって咲く姿を、蓮(ハス)の花に見立てたことから。


正式和名は紫雲英で一面に咲いている様子が、紫色の雲が広がっているように見えることから。


 


 2020-4-15レンゲソウ(1).png


 


マメ科ゲンゲ属、田んぼの畦道などに生育、草丈は10~30センチ、


 


 2020-4-15レンゲソウ(2).png


 


開花期は4~5月、茎先に紅紫色の蝶形をした花が輪になってつきます。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

白琉球(シロリュウキュウ)・・琉球躑躅(リュウキュウツツジ) [日記、雑感]

和名の由来は、琉球を経由して広まったことから。

別名の白琉球(シロリュウキュウ)は、花の色は白く大輪の花であることから。

 

2020-5-13リュウキュウツツジ(1).png

 

ツツジ科、キシツツジとモチツツジの交雑種、樹高は1~2メートル、

 

2020-5-13リュウキュウツツジ(2).png

 

開花期は4~5月、花色は白色で、花径5~6センチの漏斗形で先が5つに裂けます。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

プリムラ・ジュリエ・・深山桜草(ミヤマサクラソウ) [日記、雑感]

プリムラ・ジュリエはプリムラ・ジュリアンの交配親で、小さな可愛い花を咲かせる系統です。


プリムラの原種で、深山桜草(ミヤマサクラソウ)と呼ばれることもあります。


 


 2017-4-11プリムラ・ジュリエ(1).png


 


サクラソウ科、原産地はコーカサス地方、草丈は5~10センチ、


 


 2017-4-11プリムラ・ジュリエ(2).png


 


開花期は3~4月、小さな赤紫色の花の草姿で野趣があります。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

岩八手(イワヤツデ)・・丹頂草(タンチョウソウ) [日記、雑感]

名前は、花を丹頂鶴の頭、茎を首、葉姿を羽に見立てたものです。

別名の岩八手(イワヤツデ)は、葉っぱがヤツデの葉に似て、岩場に生えることから。

 

 2020-4-11タンチョウソウ(1).png

 

ユキノシタ科、原産地は中国東北部~朝鮮半島、草丈は10~20センチ、

 

 2020-4-11タンチョウソウ(2).png

 

開花期は4~5月、花茎を伸ばし、頂部に花径5ミリ程の白い花がたくさん咲きます。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

日本牡丹・・太陽(タイヨウ) [日記、雑感]

牡丹の名前の由来は、結実するのに根から生えている雄を意味する「牡」と


花色の赤を意味する「丹」が合わさって「牡丹」と称されるようになりました。


牡丹は絹のような大きく薄い花ビラを幾重にも重ね、毬のような花姿が美しい花です。




2016-4-25日本牡丹太陽(1).png




ボタン科、原産地は中国、園芸品種、樹高は50~150センチ、




2016-4-25日本牡丹太陽(2).png




開花期は4~5月、濃い赤色の花ビラをした、八重咲きの大輪品種です。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山野の黄金花・・八重山吹(ヤエヤマブキ) [日記、雑感]

名前は枝が細くて風に揺れやすい⇒山振り⇒山吹と転訛したものです。


八重咲きの八重山吹は、庭園や庭木として広く栽培される品種です。




ヤエヤマブキ(1)2016-4-24.png




バラ科、日本全国に自生する落葉低木、樹高は1~2メートル、




ヤエヤマブキ(2)2016-4-24.png




開花期は4~5月、花径は3~5センチで黄金色の八重咲きです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ムスカリ・コモサム・・ハネムスカリ [日記、雑感]

ムスカリ・コモサムは和名をハネムスカリと呼び、花が長く縮れて花姿が羽毛のように見えます。


園芸品種のプルモーサムが有名で、長く縮れた花姿から羽毛ムスカリとも呼ばれます。




2016-5-9ハネムスカリ(1).png




ユリ科ムスカリ属、原産地は地中海沿岸・南西アジア、草丈は20~60センチ、




2016-5-9ハネムスカリ(2).png




開花期は4~5月、花色は薄紫色で羽毛状の細い花ビラの花をつけます。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感