SSブログ

藪に咲く・・和棕櫚(ワジュロ) [日記、雑感]

花名は漢名の棕櫚の音読み説と、古名の須呂が転訛したという説があります。


和棕櫚は日本原産で、幹を包むシュロ皮をたわしや箒の材料にしています。



2019-5-13ワジュロ(1).png



ヤシ科、原産地は九州南部で各地で野生化、樹高は3~10メートル、



2019-5-13ワジュロ(2).png



開花期は5~6月、クリーム色をした粒状の花を房状に咲かせます。


葉は古くなると先端が折れて垂れ下がります。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

林内に咲く・・稚児百合(チゴユリ) [日記、雑感]

名前は、小さくて可愛らしい花姿を「稚児(チゴ)」に見立てたことから。

斑入りなどの園芸品種は多く流通しています。野生種は自治体により絶滅危惧種に指定。

 

 2021-5-10チゴユリ(1).png

 

イヌサフラン科チゴユリ属、本州~九州の山野の林内に生育、草丈は15~35センチ、

 

 2021-5-10チゴユリ(2).png

 

開花期は4~6月、茎の先に白色の花が1~2個斜め下~横向きに咲きます。


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

畑に咲く・・銭葵(ゼニアオイ) [日記、雑感]

和名は花の大きさを、一文銭に見立てたものと言われています。


分類上はウスベニアオイの変種とされ、江戸時代に観賞用として渡来し野生化したものです。



2016-5-27ゼニアオイ(1).png



アオイ科、原産地は地中海沿岸・ヨーロッパ南部、草丈は30~120センチ、



2016-5-27ゼニアオイ(2).png



開花期は5~7月、淡い紅紫色の5弁花で、花弁には濃い色の縦筋が入ります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

黄花千代萩(キバナセンダイハギ)・・千代萩(センダイハギ) [日記、雑感]

名前は仙台藩の伊達騒動を題材にした歌舞伎「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」に由来します。

別名の黄花千代萩(キバナセンダイハギ)は、別属のムラサキセンダイハギと区別するため名付けられました。



2016-4-23センダイハギ(1).png



マメ科センダイハギ属、本州中部以北の砂地・草地に生育、草丈は40~80センチ、



2016-4-23センダイハギ(2).png



開花期は4~6月、花色は黄色で花茎に総状花序に蝶のような小花をつけます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

スノーボール・・大手毬(オオデマリ) [日記、雑感]

大手毬は花のかたまりは直径10センチを超し、大きな手毬のように見えることから。


英名のスノーボールは、真っ白なボール状の花姿から。



2017-4-30オオデマリ(1).png



スイカズラ科、原産地は日本、ヤブデマリの栽培種、樹高は2~4メートル、



2017-4-30オオデマリ(2).png



開花期は4~5月、花は咲き始めが黄緑色で開くと白色になります。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花相・・中国芍薬(チュウゴクシャクヤク) [日記、雑感]

紀元前5世紀頃の中国で、すでに園芸植物として栽培されていたという記録があります。


中国では宋代には育種が始まり、薬物書に芍薬の効能が記載されています。



2016-5-21チュウゴクシャクヤク(1).png



ボタン科、原産地は中国北部、草丈は60~100センチ、



2016-5-21チュウゴクシャクヤク(2).png



開花期は5~6月、花色や咲き方は多彩で豊富です。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

金雀花(キンジャッカ)・・群雀(ムレスズメ) [日記、雑感]

名前は花がたくさん咲く様子を、雀が群れてるように見立てたものです。


別名の金雀花(キンジャッカ)は、花を金色の雀に例えたものです。



2017-4-30ムレスズメ(1).png



マメ科ムレスズメ属、江戸時代に中国から渡来、樹高は80~150センチ、



2017-4-30ムレスズメ(2).png



開花期は4~5月、黄色い蝶形の花がたくさん咲き、花は垂れ下がります。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山地に咲く・・姫射干(ヒメシャガ) [日記、雑感]

名前は射干(シャガ)に似ていて、さらに小さい花であることから。


姫射干は日本に自生しているアヤメ属の宿根草です。自生種は絶滅危惧種に指定。



2017-4-30ヒメシャガ(1).png



アヤメ科、山地の乾いた林の中や岩の斜面に生育、草丈は20~30センチ、



2017-4-30ヒメシャガ(2).png



開花期は4~5月、花径3~4センチ程で外弁が淡紫色の花をつけます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山に咲く・・霧島躑躅(キリシマツツジ) [日記、雑感]

名前は鹿児島県霧島のヤマツツジと、九州の高山に自生する


ミヤマキリシマが交雑して生まれたことから名付けられました。



2016-4-24キリシマツツジ(1).png



ツツジ科、江戸時代に薩摩で作出、樹高は50~200センチ、



2016-4-24キリシマツツジ(2).png



開花期は4~5月、花色は紅色や白色などがあり、枝先に2~3輪の花をつけます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

シラー・ヒスパニカ・・釣鐘水仙(ツリガネズイセン) [日記、雑感]

釣鐘水仙は葉がスイセンに似ており、花が釣り鐘状であることから。


シラー・ヒスパニカはギリシャ語scilla(害になる)に因み、hispanicaはスペインの意味です。



2017-4-30シラー・ヒスパニカ(1).png



ユリ科、原産地はヨーロッパ、明治末期に渡来、草丈は20~40センチ、



2017-4-30シラー・ヒスパニカ(2).png



開花期は4~5月、花色は紫・青紫・ピンク・白色などがあり、釣り鐘形の花を咲かせます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感