SSブログ

山野に咲く・・白山木(ハクサンボク) [日記、雑感]

名前は石川・岐阜県境の白山に生えると誤認されたことから。


花には悪臭があり、秋には楕円形の果実を赤熟します。



2017-5-9ハクサンボク(1).png



スイカズラ科、愛知県・伊豆諸島・九州・沖縄の山野や海岸に生育、樹高は2~5メートル、



2017-5-9ハクサンボク(2).png



開花期は4~5月、枝先にいくつも集まって、小さな白い5弁花をつけます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山に咲く・・小手毬(コデマリ) [日記、雑感]

名前は小さな花が丸く集まり、小さな手毬のように見えることから。


枝は弓状に垂れ下、がり美しい花姿から生け花材や茶花に利用されます。




2016-5-3コデマリ(1).png




バラ科、原産地の中国から渡来、樹高は1~1・5メートル、




2016-5-3コデマリ(2).png




開花期は4~5月、5枚の花ビラをもつ白い小花がまとまって咲きます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭に咲く・・木香薔薇(モッコウバラ) [日記、雑感]

和名は、漢名の「木香花」の音読みに由来し、花の香りが木香(モッコウ)に似ていることから。

つるが長く伸びるのでフェンスやアーチに誘引したり、公園樹・盆栽などに利用されます。

 

 2020-5-13モッコウバラ(1).png

 

バラ科、中国原産で江戸時代中期に渡来、樹高は50~700センチ(つる性)、

 

 2020-5-13モッコウバラ(2).png

 

開花期は4~5月、つるにはトゲが無く、花色は白または淡黄色の直径3センチ程の小花で

八重または一重の花を房状に無数につけます。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

馬鈴薯(バレイショ)・・ジャガイモ [日記、雑感]

名前の由来は、ジャカルタから来た芋の意味で「ジャガタライモ」が転じたものです。


別名の馬鈴薯(バレイショ)は、中国での呼び名で馬につける鈴に形が似ていることから。




2016-5-26ジャガイモ(1).png




ナス科、原産地は南アメリカ、草丈は50~80センチ、




2016-5-26ジャガイモ(2).png




開花期は5~6月、花色は薄紫や白色などがあり、世界中で栽培されています。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

メイフラワー・・セイヨウサンザシ [日記、雑感]

名前はヨーロッパでは春の代表的な花木で、5月に咲くことから。

別名のメイフラワーは、イギリスの清教徒がアメリカに渡った時の船の名前です。

英名の「Hawthorn(ホーソン)」は、hawが「haga(垣根)」の意、「thorn(刺)」が由来です。




2017-5-9セイヨウサンザシ(1).png




バラ科、原産地はヨーロッパ、樹高は3~5メートル、




2017-5-9セイヨウサンザシ(2).png




開花期は4~5月、花は桃紅色で八重咲きです。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

草地に咲く・・文目(アヤメ) [日記、雑感]

文目は剣形の葉が並んで生える様子から、文目(模様の意)と名付けられました。


低山から高原の乾いた草原や庭・畑に生育します。




2016-5-9アヤメ(1).png




アヤメ科、原産地は日本、やや乾燥した草地に生育、草丈は30~60センチ、




2016-5-9アヤメ(2).png




開花期は5~6月、花色は青紫・白色などがあり、花ビラの中央部に網目模様があるのが特徴です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ヒトツバタゴ・・なんじゃもんじゃの木 [日記、雑感]

自生地以外では誰も木の名前がわからず「何の木じゃ」⇒転じてナンジャモンジャになりました。


ヒトツバタゴは「一つ葉のタゴ」の意で、タゴは複葉に対し本種は単葉であることから。


限られた地域に自生する落葉高木で、自生種は天然記念物に指定。



2016-5-9ヒトツバタゴ(1).png



モクセイ科、本州中部・対馬に自生、樹高は5~8メートル、



2016-5-9ヒトツバタゴ(2).png



開花期は5月、深く4つに裂けた白い花を木を覆うように咲かせます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

豪華な花・・日本芍薬(ニホンシャクヤク) [日記、雑感]

芍薬は「姿がしなやかで優しい様、たおやかな様」の意の綽約(シャクヤク)に由来します。


日本芍薬は日本で改良された品種で、花が大きく花ビラの重なりが厚く豪華です。



2016-5-21ニホンシャクヤク(1).png



ボタン科、平安時代に東アジアから渡来、草丈は60~100センチ、



2016-5-21ニホンシャクヤク(2).png



開花期は5~6月、花色や咲き方は多彩で豊富です。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

牡丹躑躅(ボタンツツジ)・・淀川躑躅(ヨドガワツツジ) [日記、雑感]

名前の由来になった淀川が、どこの淀川なのか不明です。


躑躅の女王とも呼ばれ、牡丹躑躅(ボタンツツジ)の別名があります。




2016-4-24ヨドガワツツジ(1).png




ツツジ科、原産地は朝鮮半島、園芸品種、樹高は1~2メートル、




2016-4-24ヨドガワツツジ(2).jpg




開花期は4~5月、花の色は淡い紫色で八重咲きの大輪の花です。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭に咲く・・ロンギカリウスタイム [日記、雑感]

ロンギカリウスタイムはイブキジャコウソウの近縁で、地面を這うように匍匐します。


丈夫でよく広がる性質で、花を楽しむタイムとして広く植えられています。




2017-5-9ロンギカリウスタイム(1).png




シソ科イブキジャコウソウ属、原産地はユーラシア、草丈は10センチ程、




2017-5-9ロンギカリウスタイム(2).png




開花期は4~5月、極小さなピンク色の花で毬状になって密に咲きます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感