SSブログ

里山に咲く・・山法師(ヤマボウシ) [日記、雑感]

名前は中央の丸い花穂を坊主頭に、4枚の白い苞を白頭巾に見立てたものです。

秋には表面がぶつぶつの苺のような赤い実をつけます。

 

 2016-5-21ヤマボウシ(1).png

 

ミズキ科、本州~九州の低山に生育、樹高は5~10メートル、

 

 2016-5-21ヤマボウシ(2).png

 

開花期は5~7月、花ビラのような白い苞を4枚つけ、中央に小さな緑色の花が密生します。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

サルビア・オフィシナリス・・コモンセージ [日記、雑感]

学名は、ラテン語でサルビオ(健康)とオフィシナリス(薬用)が語源となります。

英名は、コモン(ありふれた・普通の)とセージ(健康・治療)の二語からなります。

 

 2016-5-21コモンセージ(1).png

 

シソ科、原産地は南ヨーロッパ・地中海沿岸、草丈は30~70センチ、

 

 2016-5-21コモンセージ(2).png

 

開花期は5~7月、花茎を伸ばして、青紫色の唇形の小花が穂状に咲きます。

 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

薩摩空木(サツマウツギ)・・梅花空木(バイカウツギ) [日記、雑感]

名前は空木の一種で梅の花に似ていることから。


別名の薩摩空木は、学名のsatsumiからですが鹿児島県では分布が確認されていません。



2016-5-9バイカウツギ(1).png



アジサイ科、本州~九州の山地に生育、樹高は1・5~2メートル、



2016-5-9バイカウツギ(2).png



開花期は5~6月、花弁は4枚で直径3~4センチの白色で、ほのかな芳香があります。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フランネル草・・酔仙翁(スイセンノウ) [日記、雑感]

和名は赤色系統の花を、ほろ酔い仙人に見立てて名付けられました。


別名のフランネル草は、白い綿毛からフランネル(織物の一種)を連想したものです。



2016-5-21スイセンノウ(1).png



ナデシコ科、原産地は南ヨーロッパ、草丈は30~100センチ、



2016-5-21スイセンノウ(2).png



開花期は5~8月、花色は明るい紅紫色で、茎先に5弁花をつけます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里に咲く・・栴檀(センダン) [日記、雑感]

名前は果実が丸く数が多いことから千珠(センダマ)の意味で、転訛したものです。


漢方では古くから樹皮を苦楝皮・果実を川楝子・果肉を苦楝子と呼び薬用に用いられました。



2016-5-21センダン(1).png



センダン科、四国・九州以南に分布、樹高は5~10メートル、



2016-5-21センダン(2).png



開花期は5~6月、5枚の花ビラをもった藤色~白色の花が、かたまって咲きます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

リクニス・フロスククリ・・郭公仙翁(カッコウセンノウ) [日記、雑感]

和名は学名のFlos-cuculi(カッコウの鳴く頃に開花する)の直訳からです。

別名のリクニス・フロスククリは、学名の「Lychnis flos-cuculi」の音読みからです。 

ヨーロッパや西アジアの湿った草地に生え、日本でも山野草として愛好されています。



2017-5-9カッコウセンノウ(1).png



ナデシコ科、原産地はヨーロッパ・西アジア、草丈は20~50センチ、



2017-5-9カッコウセンノウ(2).png



開花期は5~6月、茎先に集散花序を出し、花色はピンク色の5弁花です。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

庭隅に咲く・・泰山木(タイサンボク) [日記、雑感]

名前は花や葉の大きく立派なことから、中国の名山の泰山に例えたものです。


花の形を大きな盃に見立てて大盃木⇒転訛して泰山木になった説もあります。



2021-6-26タイサンボク(1).png



モクレン科、原産地は北アメリカ南部、樹高は10~20メートル、



タイザンボク(2)2021-6-26.png



開花期は6~7月、大輪のお椀形の白い花が咲き、甘い香りを放ちます。


花冠の真ん中には、たくさんの雄しべと雌しべが集まって円錐状についています。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

幻の花・・七段花(シチダンカ) [日記、雑感]

名前は萼片が七段に重なるということから。


江戸時代に栽培され、シーボルトの日本植物誌で紹介されていますが、誰も見たことが無く


幻の花となっていましたが、1959年神戸の六甲山に自生しているのを発見されました。



2016-6-1シチダンカ(1).png



ユキノシタ科、山紫陽花(ヤマアジサイ)の1品種、樹高は1メートル程、



2016-6-1シチダンカ(2).png



開花期は6~8月、花の色は淡い青色で、落花までに薄紅・濃紫・藍色などに変化します。


装飾花の萼片が七段になって、咲くというのが名前の由来です。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

カルミア・・花笠石楠花(ハナガサシャクナゲ) [日記、雑感]

名前は北アメリカの植物を収集した、スウエーデンの植物学者カルムさんに因みます。


和名の花笠石楠花(ハナガサシャクナゲ)は、花笠のような花姿から。



2017-5-27カルミア(1).png



ツツジ科、原産地は北アメリカ東部、樹高は1~3メートル、



2017-5-27カルミア(2).png



開花期は5~6月、花色は白色や淡紅色が基本色です。


蕾は金平糖のような形で、花が開くと五角形の皿型になります。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

昇藤(ノボリフジ)・・ルピナス [日記、雑感]

名前はラテン語のlupus(狼)が語源で、狼のように荒れ地でも生育することから。


別名の昇藤(ノボリフジ)は、藤に似た花が逆さに立って咲くことから。



2017-6-17ルピナス(1).png



マメ科、原産地は南北アメリカ・地中海沿岸、草丈は40~120センチ、



2017-6-17ルピナス(2).png



開花期は4~6月、花色は黄・オレンジ・赤・青・紫・ピンク・白色などがあり


花穂を長く伸ばして、蝶型の花をたくさん咲かせます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感