SSブログ

林に咲く・・藪手毬(ヤブデマリ) [日記、雑感]

名前は藪に生え、花が手毬のような丸い形から名付けられました。


花はガクアジサイに似ていて、基本種は白花です。



2016-5-9ヤブデマリ(1).png



スイカズラ科、関東以西~九州の湿った林に生育、樹高は2~4メートル、



2016-5-9ヤブデマリ(2).png



開花期は4~6月、中心に小さな花の縁を、直径3~4センチの装飾花が取り巻いて咲きます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

蛇草(ヘビクサ)・・浦島草(ウラシマソウ) [日記、雑感]

名前は肉穂花序につく細長いひも状のものを、浦島太郎の釣り糸に見立てたものです。


別名の蛇草は、蛇が鎌首をもたげたような花の姿から。


サトイモ科テンナンショウ属の植物は、サポニンを含む毒草で注意が必要です。


 


 2021-6-24ウラシマソウ(1).png


 


サトイモ科テンナンショウ属、各地の山地の湿地に生育、草丈は40~50センチ、


 


 2021-6-24ウラシマソウ(2).png


 


開花期は4~6月、茎先に肉穂花序を出し、暗紫色の仏炎苞に覆われています。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

匂薔薇(ニオイバラ)・・藪茨(ヤブイバラ) [日記、雑感]

和名は日本固有種で山地や藪に自生することから。


別名の匂薔薇(ニオイバラ)は、開花時に芳香を放つことから。



2017-5-27ヤブイバラ(1).png



バラ科、近畿地方太平洋側・四国・九州の山地に自生、樹高は2~3メートル、



2017-5-27ヤブイバラ(2).png



開花期は5~6月、枝先に花径1~2センチ程の白色の5弁花をつけます。


雄しべは多数で葯は黄色、花柱に綿毛があります。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花壇に咲く・・セリンセ・マヨール [日記、雑感]

和名は学名のCerinthemajorを音読みしたものです。


日本でよく見受けられるのは、筒状の花全体が紫色になる品種です。



セリンセ・マヨール(1)2017-5-16.png



ムラサキ科、原産地は南ヨーロッパ、草丈は20~60センチ、



2017-5-16セリンセ・マヨール(2).png



開花期は4~6月、苞と花筒部分が紫色の花が、うつむき加減に咲きます。

nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

里山に咲く・・大山査子(オオサンザシ) [日記、雑感]

山査子は中国原産の落葉低木で、薬用植物として渡来した帰化植物です。


大山査子は果実が大きく直径2・5センチ(普通は1センチ)程で、オオミノサンザシとも呼ばれます。



2020-5-13オオサンザシ(1).png



バラ科、原産地は中国、樹高は2~3メートル、



2020-5-13オオサンザシ(2).png



開花期は5~6月、春に小さな白い花を咲かせます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

湿地に咲く・・雄蛇苺(ヘビイチゴ) [日記、雑感]

花名は蛇苺(ヘビイチゴ)に比べ大型で、男性的なことから名付けられました。


漢名の蛇苺は、実は人間が食べないで蛇が食うものと考えられたことから。



2016-5-9オヘビイチゴ(1).png



バラ科キジムシロ属、各地の田の畔や湿地に生育、草丈は20~40センチ、



2016-5-9オヘビイチゴ(2).png



開花期は5~6月、黄色い5弁花で花径は1センチ程です。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

野に咲く花・・野茨(ノイバラ) [日記、雑感]

名前は山や野原など「野」に咲き、茎にトゲがある「茨」をもつことに因みます。

生命力が強く丈夫な性質で、品種改良や貴重なバラの台木として使用されます。

 

 2016-5-21ノイバラ(1).png

 

バラ科、日本では沖縄県以外の山や野原に生育、樹高は1~3メートル、

 

 2016-5-21ノイバラ(2).png

 

開花期は5~6月、花ビラは5枚で白~薄紅色の素朴な花を咲かせます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

山地に咲く・・武佐竜胆(ムシャリンドウ) [日記、雑感]

和名はリンドウに似た花で、滋賀県武佐で最初に発見されたことから。


シソ科の多年草で武者竜胆とも表記しますが、滋賀県には自生を見られません。



2017-5-27ムシャリンドウ(1).png



シソ科、中部以北~北海道の山地に生育、草丈は20~50センチ、



2017-5-27ムシャリンドウ(2).png



開花期は5~7月、茎頂に花穂をつけ、紫色の唇状をした花を咲かせます。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

チューリップ・ツリー・・百合の木(ユリノキ) [日記、雑感]

名前はギリシャ語のleirion(ユリ)と、dendron(木)が語源となっています。


英語名のチューリップ・ツリーは、チューリップによく似た形の花が咲くことから。



2017-5-9ユリノキ(1).png



モクレン科、原産地は北アメリカ中部、樹高は20~30メートル、



2017-5-9ユリノキ(2).png



開花期は5~6月、花色は外側が緑白色、内側は緑黄色で付け根がオレンジ色になります。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

海岸に咲く・・飛島萱草(トビシマカンゾウ) [日記、雑感]

名前は最初に発見した自生地から、飛島萱草と名付けられました。


日光黄菅(ニッコウキスゲ)に似ていますが、全体に大形です。



2017-5-27トビシマカンゾウ(1).png



ユリ科、山形県の飛島と新潟県の佐渡島に分布、草丈は1~2メートル、



2017-5-27トビシマカンゾウ(2).png



開花期は5~6月、花被片は6枚で、濃い橙黄色の大型の花を咲かせます。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感